こんな歯並びは要注意

歯並びが悪い気がする・・・

歯並びを気にされている方は少なくありません。
こちらでは、矯正治療が必要になる悪い歯並びをご紹介します。

ガタガタ(叢生)

歯がデコボコに生えたり、生え方が不揃いだったりする状態。
永久歯があごのスペースに並びきらないことが主な原因です。
歯磨きがしにくいため、虫歯や歯周病になりやすくなります。

出っ歯(上顎前突)

横から見たとき、上の前歯が前方に出ている状態。
くちびるが閉じにくいこともあります。

受け口(反対咬合)

咬み合せた時、下の歯並びが上の歯並びより前に出ている状態。
前歯で食べ物を噛み切れない事があります。

口元が出ている(上下顎前突)

上下の顎が正常な位置より、前方にある状態。
口元全体が前に突出しているように見えます。

上下の前歯が咬めていない(開咬)

奥歯を咬んでも上下の前歯がまったく咬み合わない状態。
前歯で食べ物を噛み切れない事や、発音が不明瞭になったりします。また、口呼吸や舌を前に出す癖(舌癖)が多く見られます。

咬み合わせが深い。下の歯が上の歯に覆われている(過蓋咬合)

上下の歯の咬み合わせが深く、上の歯が下の歯を覆っている状態。
食べ物を咬むとき下あごを動かしづらく、あごの関節に負担をかけている場合もあります。

骨格的に咬み合わせが横にずれている(手術併用、偏位)

骨格的に咬み合わせが横にずれている状態。
歯の移動だけでは改善が難しいため、矯正治療に加えて外科手術を行い、上下のあごのバランスを整える事が望まれます。

骨格的に上顎が前方にズレている(手術併用、上顎前突/小下顎症)

骨格的に上顎が前方にズレている、もしくは下顎が前後的に小さい状態。
歯の移動だけでは改善が難しいため、矯正治療に加えて外科手術を行い、上下のあごのバランスを整える事が望まれます。

骨格的に受け口(手術併用、下顎前突)

骨格的に受け口の状態。
思春期の成長を過ぎて、上下の骨格の前後的ズレが大きい場合、矯正治療に加えて外科手術を行い、上下のあごのバランスを整える事が望まれます。

骨格的に上下の前歯が咬めていない(手術併用、開咬)

骨格的に上下の前歯が咬めていない状態。
口呼吸や舌を前に出す癖(舌癖)が多く見られます。歯の移動だけでは改善が難しいため、矯正治療に加えて外科手術を行い、上下のあごのバランスを整える事が望まれます。