インビザラインかインコグニトか?

こんにちは。本日がみやわき矯正歯科クリニック仕事始めです。

昨年、父が亡くなったため、今年は実家でおとなしく過ごしました。今月の11日は1周忌に当たるためお休みさせていただくことになっています。その為、日曜診療が少なくなり、予約が取れなくて患者さんにはご迷惑をおかけしています。すいません。平日に1周忌をしたかったのですが、周囲の猛反対にあいました(笑)

本日、とある成人の患者さんが来られ「ブログ読んでます。最近の成人女性の患者さんは半分が舌側矯正らしいですね。」と話され、続けて「私は2年前に舌側矯正でお願いしたい、といったと思うんですが、、」と言われました。この患者さんはお嬢さんが当院で矯正され、ご自身も子供の頃に矯正され後戻りが気になるので矯正したいと言われており、虫歯の治療に行ってもらったのが「2年前」装置をつけたのが「先月」という方です。

うーーーーん、言われてみればなんとなく記憶があります。私のミスでした。せめて装置をつける瞬間に言ってくれれば、、、、と思いましたが、親子2代で来られている患者さんということもあり、もちろん装置を作り直すことにしました。

最初は舌側矯正の「インコグニト」を希望されましたが、、、、

IMG_0903

もうすでに抜歯されており、状態的には非抜歯で矯正治療を行うことになりますし、叢生の改善が目的でもあることから、

IMG_0904

マウスピース矯正の「インビザライン」をお勧めしました。

本日、先月にインダイレクトでつけたマルチブラケットをリムーブしました。少しだけ切ない気もしましたが、ご納得いただけましたので良かったです。

なんでも詳しくカルテに記載しなくては!!と反省しました。すいませんでした。