目立たない矯正・インビザライン

インビザラインとは?

インビザラインの写真 透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する方法です。
一人ひとりの歯に合わせて作成される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。
他の矯正装置と違う点は、『目立ちにくい』そして『取り外しができる』ということです。
マウスピース矯正は、食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配がなく、治療中も普段通りに食事ができます。

マウスピース矯正は、治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。
矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、患者さまの自己管理がとても大切です。
マウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、また段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配が軽減されます。治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの緊急性が少ないことも特徴のひとつです。

インビザラインのメリットとデメリット

メリット

  • 目立ちにくい
  • 取り外しが出来る
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 緊急性のあるトラブルが少ない

デメリット

  • 使用出来る症例に限界がある
  • 患者様自身で装着を管理する必要があるため自己管理が重要となる

インコグニト(裏側矯正)とインビザライン(マウスピース矯正)の比較

インコグニト(裏側矯正)

インコグニト(裏側矯正)

  • 裏側に装着のため目立たない(見えない矯正)
  • 個々の歯の形態に合わせて、設計、作製されており矯正歯科医が正確な位置に装着ができる。
  • 歯面からの凸部分の高さをできる限り低くしている為、装着中の違和感が他の裏側矯正の装置に比べて少ない。
  • オーダーメイドのため、紛失や破損すると再度作製するのに時間がかかり、治療が遅れる可能性があるが、破損が少ないよう設計されている
インビザライン(マウスピース矯正)

インビザライン(マウスピース矯正)

  • 透明なので、装着中も装置が目立たない
  • 取り外し式であり、患者さまが状況に応じて着脱することができる。
  • 患者さまが自由に着脱できる為、矯正歯科医の指示通りに装着を行わなかった場合、期待する治療効果を得ることができない可能性がある。
  • 症例により、この装置単独での治療が困難である場合がある。
マウスピース矯正「インビザライン」専門サイト