子どもの矯正

子どもの矯正治療ですがいつ頃からはじめるのが良いのでしょうか?
状態によって異なりますが、受け口の方には少し早目、年長さんくらいからの開始をおすすめしていますが、一般的には前歯が大人の歯に変わったくらい、小学校の1、2年生くらいから管理させてもらっています。
この時期の矯正治療は主にあごや顔の成長と発育のコントロールを行います。永久歯に生え変わるまでこれから起こりえる問題を予測してそれを防止します。みなさんがイメージされる矯正治療すなわち一本一本歯の表面に装置をつけ、ワイヤーで歯を動かすといった治療は基本的には子どもの間は行いません。
子どもの頃から矯正治療を行うメリットは、歯並びに悪影響を及ぼす癖を早めに取り除いてあげること(MFT)です。

子どもの矯正(乳歯から永久歯まで)

子どもの治療は咬み合せを作る上での土台となる治療です。
顎の大きさと歯の大きさとのバランスを整え、顎や顔面の成長方向を利用した咬み合わせの改善を行っています。
成長発育の悪い影響を及ぼす癖を取り除くエクササイズ(MFT)を行います。


治療の流れ

Ⅰ.お口の型採り

患者様一人一人の口にピッタリ合う装置を作るためにお口の型採りをします。

Ⅱ.装置を装着して治療を開始

取り外しのできるタイプとできないタイプの2通りがあります。
患者様のお口の状況によって選択します。


Ⅲ.装置調節・お口の掃除

個人差はありますが、1~6ヵ月ごとに調節していきます。
定期健診の際には、機械を使ってお口の掃除をします。
→ 成長に応じて大人の治療に移行